建築士会TOPへ

家を建てたあとでもできる
風水術

(家相・鬼門でお悩みの方はここを読んですっきりしてください。)

あれ?家相と風水って同じではないの?
そう思っている方も多いと思いますが実は違うものなのです。似て非なるものです。



風水学と家相学の違い


項 目 風 水 学 家 相 学
鬼門・裏鬼門 一概に凶方とは、断定しない。
周囲の地形、方位の度数、地運との関係により吉凶が変わる。
これを忌み嫌い、避けるのみ。
各部の意味 1、玄関の向き(宅向) :対外的活動力に影響。
2、玄関の位置(門位) :対人関係に影響。
3、ガスレンジの向き(炉向) 情緒と判断力に影響。
4、ガスレンジの位置(炉位) :生理機能と判断力に影 響 。
5、電化製品の位置 :視神経と思考力に影響。
6、トイレの位置 :宅卦または本命卦からみて凶方 にあるのが吉。
7、寝室・ベットの向き・位置 :体力・情緒・夫婦仲・子 供の教育・親子の感情に影響。
8、机の向き・位置 :思考力・決断力に影響.
9、仏壇・神棚の向き・位置 :精神的な鎮静作用に影響。
各部の意味するところは明確に説かれていない。
方位の吉凶
について
1、建物の構造、向き、付近の地形・地勢との関係を考慮。

2、生年の本命卦により各人の吉方・凶方が決まる。
専門的には生年月日時と出生地というデータから詳細に割り出す。

3、八方位と九星による判断。

4、九星と九星による判断。
1、東、東南、西北を吉方としその他の方位は吉方
とみない。

2、トイレを非常に嫌う。その位置を決め難い。
方位の境界線上にすべきと説く流派もある。

3、生年の九星を強める方位を吉、弱める方位を凶とする。

4、欠け張りで吉凶を決める。
方位の範囲
度数の分割
1、八方位を各45度にし(八宅法)更に各15度の二十四方位で判断するのが一般的。

2、二十四方位を更に細分化して見る。六十龍(各6度)六十四卦(5.635度)
穿山七十二(5度)百二十分金(3度)二百四十分数(1.5度)三百六十分数など用途に応じて判断。
1、八方位を各45度に分け二十四方位で判断する流派。

2、東西南北の四正方位を各30度 東北・東南・西北・西南の方位を各60度に分ける流派など不統一だが「30度・60度説」が大半を占める。
地運の判断 1、三元九運(後天洛書運)は大元540年、一元180年大運60年、小運20年、年運1年の周期の衰旺を判断する(山水・ビル・河川との位置関係及び建物の向きによる吉凶)。

2、先天河図運は大運60年小運12年の周期の衰旺を判断する(屋形・階数・間数の吉凶)。
1,九星の運行する九年の周期における衰旺を判断する。

2、十二支の運行する十二年の周期における衰旺を判断する。

3、何十年先、何百年先の地運の循環の吉凶は判断できない。
暦の上での
干支と九星
の起点
1、原則として干支は立春(毎年一月四、五日)から変わる。

2、原則として九星は小寒(毎年一月五、六日)から変わる。

3、総じて干支・九星は毎年の冬至〜立春までの間に変わる(太陰太陽暦との関係性を重視)。
干支・九星ともに立春(毎年二月四、五日)に固定、毎年変わらない。
生年による影響について 1、陰陽の違いから男女別にする。

2、あくまで方位の吉方・凶方が一致するか異なるのかの相性を論じるのみ。

3、毎年・毎月・毎日の運勢を判断しない。

4、方位を本命卦により四吉方・四凶方に分類し、意味するところも明確である。

5、宅卦と本命卦との融和を重視。
1、男女同一に判断する。

2、男と男、女と女、男と女を問わず相性をみて吉凶を判断する。

3、毎年・毎月・毎日の運勢を判断する。
判断 1、全体観に立っての部分の吉凶をみる。

2、各部の融和を重視する。 たとえば玄関・ガスレンジ・寝室の三ヶ所との融和を大切にする。

3、室内の調整の方途が明確。

4、土地開発、新築、増改築、補修、移転等の動・静両面にわたる判断が精密である。
1、部分観の寄せ集めから全体の吉凶を論じる。

2、各部の融和を判断できない。たとえばトイレ・台所は東北・
西南は大凶とし、玄関の位置の関係は無視する。

3、気学による移転の吉方取りを勧めることが多く、室内の配置の定義が曖昧である。

ちょっと専門的な言葉が並びましたがなんとなく違いがわかりましたか?


参考資料(敬称略)

陽宅集成(姚建鑾 著)・陽宅大全(姚建鑾 著)・風水学(東洋文化学院)・正統風水百科(鮑黎明 著)・ 住まいの風水学(鮑黎明 著)・
華僑の風水学(鮑黎明 著)・風水大事典(鮑黎明 著)・経営の風水学(鮑黎明 著)・地理風水大全(御堂龍児 著)・
気の流れでつかむ21世紀(御堂龍児 著)・地理風水(御堂龍児 著)・風水の秘密(御堂龍児 著)・
エナジースケープ(増井裕子・増井潔 共著)・木炭プラス風水学で幸運をつかむ(大槻彬 著)・風水成功術(御堂龍児 著)・
風水開運術(御堂龍児 著)・風水盤占い(田口真堂 著)・気学風水(田口真堂 著)・風水奇門遁甲(田口真堂 著)・
ガイア・インターネット(毛綱毅曠 著)・風水マニュアル(ラム・カム・チュアン 著)・風水〜原理を生かす(ラム・カム・チュアン 著)・
風水の本(学研)・風水学(目崎茂和 著)・風水(鎌崎倬寿 著)・必携風水学(デレク・ウォルターズ 著)・風水先生(荒俣 宏 著)・
道教の本(学研)・陰陽道の本(学研)・風水占運(郭 萬克 著)・秘伝風水(日本易学センター)・風水インテリア(サイモン・ブラウン著)・
ビジネス風水(サイモン・ブラウン著)・オーラソーマ風水術(中谷比佐子・ロバートヘイジンガー 共著)・家相の科学(清家清 著)・
風水の活用術(茅山居士 著)
実用風水百科T・U(翠真佑 著)・仙道風水術尋竜の法(高藤聡一郎 著)